株式会社アイテール

皆様が高性能ローコストなプラズマ切断機を導入していただくための予備知識を発信

お問い合わせ 資料ダウンロード

ブログ

ローコストなプラズマ切断機導入のメリットや選び方とは

いかに金属加工時のランニングコストを削減へと進めていくか解説

大規模な鉄工場・自動車整備工場をはじめ、小さな町工場や個人事業主のアーティスト・日曜大工におけるDIYなど、このような場面において活躍が期待できるのが、金属加工に特化したガス・プラズマ切断機であり、これらの機器の導入を見直すことで、電気代などの長期的なランニングコストの削減が見込まれます。このようなコストカットを目指すにあたって、切断機の選び方からコストカット実現の具体的なプロセスについてなどを、切断設備のエキスパートが解説いたします。

謹んで新春の祝詞を申し上げます。昨年は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。貴社の益々のご繁栄をお祈り申し上げますとともに本年も倍旧のお引き立てのほどひとえにお願い申し上げます。

2021/12/27

HyperthermPowermax105SYNC先日、この10月に発売開始されたばかりのHypertherm(ハイパーサーム)社のエアープラズマ切断機Powermax105SYNCをあるお客様で初めてデモをさせていただきました。 パナソニッ…

今年10月に発売開始されたばかりのHypertherm(ハイパーサーム)社製エアープラズマその名も、Powermax105SYNCの試運転を行ったついでに旧モデルとの比較写真を撮りましたのでご紹介します。P4本体のサイ…

10月に発売されたばかりのHypertherm(ハイパーサーム)社のPowermaxシーリーズの最新モデル『PowermaxSYNCシリーズ』 PowermaxSYNCは65/85/105の3機種がありますが、この中のPowermax105SYNCを入手、試…

拝啓年の瀬も押し詰まり、ご多用のことと存じ上げます。 平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。 さて誠に勝手ではございますが、弊社では下記の日程を年末年始休業とさせていただき…

はんでぃ平次F-144先日の事務所引っ越しでフロッピータイプのNCデータ入出力装置、はんでぃ平次F-144の箱が出てきました。過去、デモ機で使用していたもので、2~3回しか使用していないので未だきれいな…

新しく発売されたばかりのポータブルCNC切断「SPARK」が入荷 組み立てて、試運転まで行いました。2個口で入荷1個は本体関係、もう1個はコントローラー脚関係、定盤受け、フラットバー、折りたたみ式本体…

今日、某造船所様が来社され、MAXPRO200のガウジングテストを実施しました。トーチの角度、トーチとワークの距離(スタンドオフ)、速度を変更し、様々な条件でテストしました。 いろいろと試行錯誤をし…

ロボット切断パッケージ今度は溶接新報2021年10月25日号にも記事を掲載していただきました。 最近弊社で新たなプロジェクトとしてロボットでのプラズマ切断の入門機としてプラズマとロボットをパッケージ…

ロボット切断パッケージ溶接ニュース2021年10月12日号に記事を掲載していただきました。 最近弊社で新たなプロジェクトとしてロボットでのプラズマ切断の入門機としてプラズマとロボットをパッケージにし…

事業運営で無視できないのが長期的なランニングコストの試算です。どれだけイニシャルコストをかけるか、そしてそのコストを長期的に見積もってどのように精算していくかをしっかり計算した上で、設備投資を行うことが、長期的な事業の安定化へと繋がってまいります。このようなコスト管理において、現在、鉄工場や整備工場・自転車工場などで使用されている切断機を一から見直すことによって、長期的なランニングコストのカットが期待できるかもしれません。
そのためには現実的な専門知識を元に切断機を厳選し、試算を重ねてイニシャルコストをかけるか否かの決断を必要とします。そのために必要な専門知識について、切断設備によるコストカットのプロフェッショナルがコラム記事を通して発信いたします。こうしてお客様が金属加工において将来的なコストカット実現の後押しができましたら、嬉しい限りです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。